GUAM COLUMN VOL 121 [VISIT FRIEND AND RICHARD’S WORK INTERVIEW AND 4TH JULY]

美ALL RIGHT VOL 121

1、6月の上旬にリチャードの仕事のインタビューがMANITOWOC WISCONSINでありました。

彼のハイスクールの同級生でとても親しくしていた眼科医のブラックが去年亡くなり、
未亡人となってしまった彼の妻マーシャが現在一人でMANITOWOC
の町の家に住んでいるので、インタビューの前日に会って一緒に夕食をすることにしました。

彼を忍ぶ話や近況報告などを聞きました。

「夫が亡くなってから1周年となります。

去年の春にフランスとスペインの旅行から戻って着てすぐに具合が悪くなりその後息を引き取りました。

突然の死でしたので、とても辛かったです。しかし、今はFLORIDAに住む93歳になる実の父の面倒をみていて、
WISCONSINとFLORIDAを行ったり来たりして忙しくしているので気がまぎれています。
私の娘、息子の子供たち(孫)が6人います。時々私を訪ねてくれるので元気をもらっています。」

彼女が私たちに孫たちの写真を見せながら、笑顔で話しているのがとても印象的でした。

DOWN TOWN MANITOWOCにあるレストランで美味しく夕食をいただきました。

その時に写真を一緒に撮りました。

マーシャと夕食

マーシャと夕食

翌日の早朝、私たちが滞在しているホテルの前がミシガン湖なので、ホテルの周囲を散歩しました。ギースの親が子を守りながらがミシガン湖を泳いでいました。

ホテル前のミシガン湖でうグースの家族が泳ぐ

ホテル前のミシガン湖でうグースの家族が泳ぐ

その後リチャードのインタビューがあり、クリニックを訪ねました。

しかし結果は条件があわず、すぐに彼はお断りしてしまいました。

2、6月の下旬にリチャードの仕事のインタビューがLAC DU FLANBEAU WISCONSINでありました。LAC DU FLANBEAU
WISCONSIN
は彼が子供のときに毎年家族で夏休みを過ごした思い出の場所でもあります。
そこはインディアンの聖地で私も2度ほど(去年も滞在しました)彼に連れていってもらい、
たくさんの湖の前に立っているキャビンに滞在し、フィッシングを楽しみました。

そこにある、GOVERMENT の元に設立された総合病院のなかのデンタルクリニックのインタビューです。

私たちが滞在していたホテルはMINOCQUA WISCONSINにあり、LAC DU FLANBEAU WISCONSIN
に近い少し大きな町です。このあたりはリゾートタウンで夏休みのバケーションメッカとして有名です。

このあたりにセカンドハウスを持ったイリノリ州の人々や他州から来たツーリストで
DOWN TOWN MINOCQUA はたくさんの人で賑わっています。

私たちは滞在を延長しMINOCQUA WISCONSINを観光することにしました。

滞在初日は、LAC DU FLANBEAU WISCONSINのデンタルクリニックで現在仕事をしている、
彼の友人であるハーリントンと一緒にDOWN TOWN MINOCQUAにある、すしレストランで夕食をしました。
2018FLAMBEAUPOWOWFUGI_045

ハーリントンは4年前、リチャードが仕事していたARMY
で契約デンティストとして仕事をしていました。当時、前オバマ大統領のミリタリーカットにより、
契約社員は全員カットされ、ハーリントンは残念なことにカットされてしまいました。
その後LACDU FLANBEAU WISCONSINのデンタルクリニックで働き始めたそうです。

彼のクリニックでの経験や情報などを聞きながら楽しく食事ができました。

2日目は
午前中、無事にリチャードの仕事のインタビューが終わりました。
彼の好きな土地そして周囲の環境、クリニック内の状況などピッタリ合っているようでした。

そして夕方からはMINOCQUA LAKE でウオータースキーのイベントがあり、見学しました。

2018FLAMBEAUPOWOWFUGI_166

たくさんの観光客が見に来ていて盛り上がりました。

DOWN TOWN MINOCQUAで古くからあり人気で、MINOCQUA LAKEの前に立っている「BOAT HOUSE RESTURANT
」で夕食をしました。

3日目はLAC DU FLANBEAUでネイティブインディアンのセレモニーを見学しました。

セレモニーに関する記事を次回、コラムに書く予定です。

4日目は仕事が決まったらLAC DU FLANBEAU WISCONSINはCHICAGO
から7,8時間かかる距離なので、家を借りないといけないとのことで、家を探し始め、不動産をまわりました。

5日目はホテルをチェックアウトしCHICAGOの家に戻りました。

3、7月4日の独立記念日は私たちが住んでいるWILLOWBROOKの町のパークで行われる花火を見学しました。

パーク内は混雑していて車を駐車できないとのこと。近くのショップモールに車を停めてそこから花火を眺めました。
花火がフィナーレをむかえるころ、たくさんの雷雨が来て雨が降り始め、車の中から花火をしばらく見ていました。
花火が終わるともっと激しい雨となり、私たちもすぐに帰宅しました。

4TH_JULY2018_FIREWORKS_AND_GARDEN_7,8,18_052

独立記念日の休暇の後に、デンタルクリニックから連絡があり、仕事が決まりました。
リチャードはとても喜んでいました。

書面の手続き、健康診断をすませて、ついに正式に契約し7月16日から仕事が始まることになりました。

私たちは仕事始めの準備もあるので、7月11日から出発しました。

ページの先頭へ戻る