アンジェリーのアメリカ生活日記 NO.12<時代のニーズに合わせてZOOMフル活用 と猫かみとグロウミル記念館 9月2020年>

アンジェリーのアメリカ生活日記 NO.12
< USING TO ZOOM and CAT KAMI and GRAUE MILL AND MUSEUM SEPTEMBER 2020 >
時代のニーズに合わせてZOOMフル活用 と猫かみとグロウミル記念館 9月2020年

1、ケイティのベビーシャワーパーティー
8月11日に息子クリスとケイティとの間に女の子が誕生しました。その件については、8月のコラムで記しました。
ケイティは8月の出産前に、アメリカの伝統的パーティーである、女性のためのベビーシャワーパーティーを開く予定でした。しかし、コロナウイルスで家族、友人を招いてのホームパーティーができないので、ズームを利用して映像でベビーシャワーパーティーを7月に行いました。
ベビーシャワーは女性だけの特別な会です。出産前に家族や友人たちから出産のためのお祝いギフトを受け取り、それをシェアする。というものです。前もって誕生する赤ちゃんが男か女か、わかれば、それに沿ったギフトをします。ケイティはドクターからどちらが産まれてくるか、知らないとのこと。
私とリチャードはどちらが産まれても利用できる赤ちゃんグッズを選びました。
抱っこする、寝かせる、包むなどに利用できる、日本でいうおくみ、といわれている布、ダイパ―(おむつ)を入れるリュックバッグ、赤ちゃんの服(男でも女でも利用できる柄)をセットにしてギフトすることにしました。
夜に行われるベビーシャワーの前に、私とリチャードはそのギフトと手料理の五目御飯、油揚げにつめた春雨サラダのランチを添えて彼らの家を訪ねました。
そのランチを一緒に食べたあと、帰宅しました。

セットイメージ

ズーム利用でのベビーシャワーパーティーは夜の7時からなので、その前にPCのセットなど準備をしました。
私はすでにズームは仕事関係で利用していましたが、コミュニケーションパーティーのようなスタイルで利用をするのは、初めてでした。

アンジェリー

ホストのケイティが時間に合わせて、ズームで参加している私や彼女の家族、友人、知人に声をかけ、クリスとケイティについての出産準備の話、その他情報、作った質問などで楽しみました。

zoom

そして最後には、おしゃべりをしながらケイティがお祝いで受け取ったギフトを見せてくれました。
1時間ほどでズームでのベビーシャワーパーティーは終了しました。
他州の人も参加できて、顔を合わせることができるので、便利ではありますが、一緒に食事を囲めない、顔を合わせて話ができないのが、とても残念でした。私はズームではありますが、お祝いのためのドレスアップはしました。しかし他の人たちは、特になかったですね。
それでも時代、環境に合うテクノロジーの発展はすばらしいな、と思いましたし、このようなパーティーができたことは良かったと思います。

zoom

2、占い
東京のクライアントさんから連絡がり、ズームを通して占いをしました。

zoom タロット

そのクライアントさんは、15年前に、年末年始休暇で、グアム旅行をされていたとき、大晦日イベントで、占いをしたそうです。
それは、私がそのイベントで占いのお仕事をさせていただいていたときでした。
その時に私が占った通りの結果となって月日が流れ、スポーツ選手として活躍をしたそうです。
今回は別件の内容で占いを頼まれました。彼女が現在住んでいる日本と私が住むアメリカでは時差がありますが、占いをしました。

zoom タロット

クライアントさんには、コンタクトをまたとっていただいたこと、そしていい報告をしてくださったこと。大変嬉しく思い、深く感謝したいと思います。
まだズームに関して勉強不足なところがあるので、もう少し上手に取り入れながら活用したいと思います。

アンジェリー

3、猫かみの健康診断

9月は猫かみの1年に1度の健康診断です。私たちが住んでいるシカゴ郊外界隈には多くのペットクリニックがあります。
息子クリスが以前猫を飼っているときに、利用したこともあると聞いていました。そこは近所でも評判の良い猫専門クリニックとのこと。早速1か月前からアポイントを予約しました。
クリニックは以前利用していた彼のヘルスレコードが必要なので、去年何度か通院した北ウイスコンシン州のクリニックに電話をしてレコードを送ってください、と頼みました。
9月21日(月)の予約でしたので、預託確認の電話がないので、その前の週の木曜にこちらから猫専門クリニックに問い合わせをしました。すると、ヘルスレコードを受けとってないとのこと。
北ウイスコンシン州のクリニックに電話をして問い合わせると、私がアポの予約したときに電話をもらったからすぐにその日にヘルスレコードは送ったと言っていました。
翌日金曜に来週月曜のアポの確認ということと、かみはとてもクリニックで暴れるので、眠くなるメディケーションの薬を飲んでからクリニックに連れていくことになっていいるので、その薬を用意して欲しいと、再度猫専門クリニックにお願いしました。

アシスタントはメディケーションの薬を近所の薬局にオーダーして送っておくから、それを受け取るように、とのこと。
土曜日に薬局に行くとそのようなオーダーは着ていません。と言われてしまい、またすぐにクリニックに電話をしました。
私はアポの日程を変えたくはなかったので、これからそちらのクリニックに行きメディケーションの薬を受け取りに行くので、待っていて欲しい、と頼むと、クリニックは土曜なので、もうクローズするとのこと。
アシスタントのあまりのいい加減さにあきれました。ドクターが電話に出てきてくれたので、メディケーションがないとヘルスチェックができないと言われてしまったので、仕方なく、アポを23日水曜に変更し、その薬を月曜の朝、クリニックへ直接取りに行くことにしました。
私は薬を取りにいき、かみのプーをヘルスチェックの前の日、クリニックに持って行きました。
これで準備万端となり、ほっとしました。
23日水曜の朝、アポの2時間前に薬を飲ませてクリニックへ連れて行きました。
相変わらず、薬を飲んでも暴れたようでしたが、検査が無事に終わりました。
翌日、検査結果をドクターから直接電話をメールをいただきました。
太っているけれど、特には問題ないとのこと。年齢共に、オスの猫は尿の病気のトラブルが多いそうで、彼も数値が上がってきているとのこと。半年ごとにヘルスチェックをしたほうがいいと言われてしまいました。また次回のヘルスチェックのときは、メディケーションの薬を2つ飲ませてから、クリニックに来て欲しいとのことでした。
あまり眠り薬などのメディケーションを彼に与えたくはないのですが、仕方ないですね。
普段はおとなしく、いい子で私たち家族や人の話をよく聞くのですが、ドクターは苦手なのかもしれません。
検査の結果は良かったとはいえ、家族の一員の彼ですので、これからも健康に気を配り、運動不足にならないようにエクセサイズをさせ、大事に育てようと思います。

猫かみのバースデーを数秘術でみてみました。
2011,7,4または2011、7,7です。
彼は私たちがミゾーリ州にいるとき、夫リチャードが仕事をしていたARMYベースにあるクリニックでアダプションをしました。7月4日は独立記念日でクリニックはお休みだったこと。などの理由があり、7月4日生まれなのか、7月7日なのか、わからないとのことでした。
そこで両方の日でみてみました。
2011.7,4
6です。愛情を表します。人と人をつなぐ役割を担うことで勝利のチャンスを連れてきます。
私たちとの心をつなぐ猫だと思うと和みます。
2011、7,7
9です。完全なる調和を表します。高い理想を抱きそれに向かって突き進んでいきます。
私の数秘術と同じです。
9同士ですので、相性は抜群です。
あらためて調べてみると動物ですが、バースデーは貴重な調査の一つとなります。

4、GRAUE MILL AND MUSEUM

グローミル記念館はパークになっていてCROSS CREEK RIVER(クロスクリークリバー)という川沿いにトレイル、歩道ができているのでウオーキング、犬を連れての散歩をする人で、休日はいっぱいです。

ウォーキング

私たちはウオーキングに行きました。川沿いに2,3マイルの距離を歩きながら、野鳥を観るバードウオッチングを楽しみました。そしてその記念館のまわりを見学しました。
野鳥の看板

ウォーキング

ウオーキングをしているときに、川にいたGREAT BLUE HEREN(グレイトブル―ヘレン)という大きな野鳥の写真を撮ることができました。

野鳥

FREDERICK GRAUE(フェデリック グロー)はドイツで生まれで、1842年にアメリカのイリノイ州へやってきました。1849年にこのあたりの土地を購入し農場にしました。1852年からコーン、麦、豆などの作り生産を始め70年間続きました。

川辺で涼む様子

1934年にはこのあたりの土地DUPAGE COOUNTY(私たちが住んでいるカウンティ―群です)の森林を開拓し土地を増やしました。そこにあるクロスクリークの川を貯水するため水路を引き、農場を発展させました。その他、その川で作った凍ったアイス(氷)も食料の保存に使い、農場の生産を広げました。貯蔵に使われたアイスは重宝されていたようです。
1975年水路と建物を記念館として歴史登録されました。

記念館はシーズンのみの公開なので残念ながら入場することはできませんでした。
シカゴ郊外ですが、記念館の周りは自然がいっぱいで空気が澄んでいます。川沿いをウオーキングするのはとても気持ちがいいです。

水車

水車

ページの先頭へ戻る