アンジェリーのアメリカ生活日記    NO.17 < SNOW STORM IN CHICAGO AND JOIN THE DANCE CLASS AT ZOOM FEBRURARY 2021>

アンジェリーのアメリカ生活日記 NO.17
< SNOW STORM IN CHICAGO AND JOIN THE DANCE CLASS AT ZOOM FEBRURARY 2021 >

<シカゴでのスノーストームとズームでダンス2月2021年>

1、シカゴでのスノーストーム

雪道

1月の後半になってから、毎週まとまった雪が降りましら。
2月の節分を過ぎてからは、スノーストームが2回イリノイ州に来ました。
水分を含んだ重たい雪が5インチから10インチ(15から30センチ)と降り、足元が雪深くなりました。

私たちが住むコンドミニアム内でも除雪車が着て植栽のところに寄せた雪が積み重なって高くなり、いっぱいになりました。
気温がマイナス15F(マイナス30C)にまでになり、かなり寒い日が続きました。

私たちは2年前、北ウイスコンシン州に住んでいました。
そのとき冬の間は、雪が降り積もり家の屋根まで達するほどの高さになり、気温は低く、雪が解けるのにも時間がかかっていました。

その雪の深さ、寒さの経験はあります。
雪の多い町は除雪車がたくさん走ってすぐに雪を寄せるので、道路の交通は、あまり問題はありません。

今住んでいる家はシカゴ郊外のビジネスエリアであり、多くの通勤の人たちにとってはこの雪の多さで車、道路状況など、通勤は大変なようでした。

また、マイナス気温が続いていたので、晴れたときに溶けた雪がまた固まり、たくさんのつららがコンドの屋根や建物の周りにできて、それが落ちてくると危ないと、コンド内の住民たちと話をしていたほどです。

2月末には、少し気温がやわらぎ、20F(マイナス5C)前後になりました。雪はだいぶ、解けてきました。3月になってもあと2回ぐらい雪は降るだろうと言われています。それでも、晴れたときの青空はとてもまぶしく新鮮で春の息吹を感じます。もうすぐ春ですね。

2、ズームでダンス

私は自分の健康維持のためにスポーツジムに入会していました。去年3月末からコロナウイルスの影響でステイホームが始まり、ジムがクローズしたことでメンバーをやめてしまいました。それからは家の中でダンベルトレーニング、お天気がいい時はリチャードと近所の公園あたりをウオーキングしてそれを日課にしています。

雪道

ジムでは特に私は大勢の人たちと一緒にキックボクシング、ボディパンプ、ダンスクラスに参加するのが好きでした。

そのジムのダンスの先生のお嬢さんは息子クリス(ハイスクールの先生をしている)が勤めるハイスクールの生徒さんであると話をしたことがきっかけで、先生と親しくなりました。

また、そのクラスに参加していた数人の女性と顔なじみになり、親しくなったので、クラスが終わったあと時々みんなでお茶を飲みプライベートの話を少しするようになっていました。

しかしながら、ウイルスの関係でジムがクローズしてしまいましたので、先生や親しくなったジムの友人たちとも会う機会が少なくなってしまい、残念に思っていました。

しばらくしてからジムは再開しましたが、クラス参加のための人数制限をしたそうで、その先生のダンスのクラスがなくなってしまったそうです。

zoomでダンス

1月から先生がズームを使ってダンスを教えるので、参加しませんか、と声をかけてくださいました。

シカゴはたくさん雪が降り積もり、外を歩くのは滑ったりして危ないので、ウオーキングができない状態でした。

運動不足だった私ですので良い話だと思い、参加することにしました。

毎週、日曜の朝ですが、1時間のクラスに参加しダンスを楽しんでいます。
先生のオリジナルのダンスを流行の音楽にのせて教えていただいています。

zoomでダンス

ズームを通してですが、丁寧にわかりやすく教えていただき、先生には感謝しています。

私は夢中でダンスを楽しみいい汗をかいて気分がいいです。そのクラスに参加している数人は、以前一緒にジムでのクラスのあと、先生を囲んでお茶を飲んだメンバーです。ズームを通して顔を合わせることができて、うれしいです。そして今ではまた、そのコミュニケーションも楽しくなっています。楽しいダンスと爽やかな会話で1日が快調にスタートできています。

zoomでダンス

先生には深く感謝しています。そしてしばらくしてまた、ジムのクラスでダンスができることを期待したいと思います。これからもよろしくお願いします。

先生
ダンスの先生のKARIN

ページの先頭へ戻る